大倉OBとしては天津飯店

F野氏が日本に来るから飲もうと連絡をくれていました。
これは主にS木氏のせいですが、いつもダメージ大なので金曜日にという決め打ちで日程決定。

e0050554_19362930.jpgお魚が食べたいのはいつものこととして、S木氏にや台ずしをチョイスしてもらったのですが、今回は懐かしの天津飯店にも行こうということに。
私の思い出の水餃子はF野氏の思い出でもあったらしい。
皆それぞれ思い出のメニューがあるのですね。
お店の方がF野氏のことを覚えていて、今回もちょっとしたサービスをしていただきました。
この日、私はあまり体調が良くないような気がしていたのでや台ずしでは熱燗、天津飯店では温かい紹興酒を飲んでいたおかげで土曜日の朝は思いの外快調でした。
が、南国にお住いのF野氏には日本が寒すぎたようです。


[PR]

by Senhorita | 2016-11-12 09:28 | お出かけ♪ | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

<< やはりGⅠでのデムーロは一考すべき 香りが美味しい >>