距離の壁

外国人騎手がやたらに登場のマイルチャンピオンシップ、日本人に頑張ってもらいたいと思いつつ、新聞でもラジオでも一番調子が良さそうと推されていたイスラボニータを本命にしました。
ルメールはJRAのジョッキーなので半分は外国人じゃない感じですし。

◎ イスラボニータ
○ サトノアラジン
▲ フィエロ
△ ネオリアリズム
☆ ディサイファ・ダノンシャーク

ミッキーアイルが逃げるのは想定通り、狙った馬達は良い場所にいるし、イスラボニータは最後ぐいぐい伸びてくるしでかなりわくわくのゴール前でしたが、一瞬ごちゃっとなりました。
何が起こったのか?!

1着 ミッキーアイル
2着 イスラボニータ
3着 ネオリアリズム

審議になり、複勝を買っていたダノンシャークが4着に入線していたので、もしかするとこれが取れるか、ミッキーアイルが降着なら馬連も取れるか?!と期待してしまったのですが、そのまま確定してしまい残念。
今日もまたここ最近の距離実績でミッキーアイルを切ってしまいました~

[PR]

by Senhorita | 2016-11-20 17:00 | 競馬 | Comments(2)

Commented by オグリ at 2016-11-22 05:05 x
なんか後味の悪いレースやったみたいやな。豊が落馬しそうになってたな。
ショックをうけて出張に出ました。
Commented by Senhorita at 2016-11-23 09:07
オグリさん、浜中騎手騎乗停止になっちゃいましたし。
でもまぁ速いのは速かったし、距離も問題無かったことは明らか。
ということはJCのルージュバックも2400だからと切ったら危険ということ?
『マッピー』用ボーダー

<< 中抜け? 目的地付近 >>