今夜はTVに釘づけ

アルペン、大回転は観ていてワクワクがあります。
100Kmを超えるスピードで滑る滑降・スーパー大回転なんていうのは超人的過ぎて観ているだけで身体が強張って肩が凝ってきそうなんだけど、トップ選手の皆さんの大回転はもう気持ち良さそうで、あぁセストリエール、行きたーい!
トップの数人が滑り終わって少し選手のレベルが下がってくると、「あぁそんなターンじゃ…」なんて生意気にもダメ出ししちゃう私。
でもシードの選手達が滑り終わって、アジアやアフリカの選手達が滑り始めるとコースの難しさを実感。
滑り切るだけで一流中の一流なんだってことがよーくわかります。
そんなキレイなターンで滑りをまとめられる選手なんて世界には十数人しかいないんだわ。

斜面が荒れてきて20番目を超えたあたりからコースアウトする選手が続出。
派手な転倒シーンは自分が怪我した時のことを思い出して胸が苦しくなります…

前後の選手が殆どコースアウトする中、この荒れたコースでよく頑張った!吉岡君!!
佐々木君の滑りは期待通りかなりエキサイティング!だったけど、攻めてただけにコースアウトしちゃった★
回転での滑りを期待してるわっ!
解説は木村公宣さん。
人柄の良さがにじみ出るコメントがとっても良いです。
あなたがメダルを期待されていた長野五輪の頃が懐かしい…もう8年も前のことなのね……

大回転は2回の合計タイムで競うためTVに長時間釘づけ状態。
7時の「八丁堀の七人」から引き続いて10時40分くらいまで…オリンピック観戦に時間が取られて大変だよ~ん。

この種目の優勝はベンヤミン・ライヒ、オヤジ度が低めの少し可愛いオヤジです。
ヘルマン・マイヤーはこの種目でも3位、やったね~!

さ、12時過ぎたから女子のスーパー大回転を観なきゃ。
[PR]

by Senhorita | 2006-02-21 00:36 | LOVE SKI | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

<< 便乗メニューに乗ってみた 時代劇にお酒の至福 >>