ラテンていすと

金曜日だっていうのに会社から直接ご帰宅の私は、家で本チューハイ「芋レモン」を飲みました。
こ、これは!ラテンの味かもしれないっすよ☆
独特の強い香りのあるお酒にレモンを合わせるこの感じは…和製でありながら見事なラテンの味、私好みですっ♪
e0050554_1524158.jpg
和製でありながらブラジル育ちの私も「芋レモン」と同じなんでしょうか。
最近異口同音に「ラテン系」って言われることがあるんです。

メダルを全然取れなかったトリノ五輪、でも欧米人に体格やその競技に取り組んできた歴史で負ける日本人が互角以上に勝負をしているだけでスゴイよね~と、ある人に言ったら「スゴイッ。前向きっ。」と返されました。
無理にではなく心から「日本人てすごいなぁ~」と私は思うのですが、メダルに届かないとそんなにヘコミますか?日本人として…?

そして今の仕事、外国の方から強い口調でメールがくるたびに横浜のお嬢はストレスをためられていたようですが、あまり気にしない私を見てか「あなたはこの仕事に向いてるわ」と言い残していきました。

でもね、恋愛においては単純ラテン系じゃないのですよん。
本物のラテンの女ならば恋人とずーっと会えないなんていうことに我慢したりはしないで、すぐ次に乗り換えるんでしょうけれども、私は我慢しているという感覚もあまりなく過ごせてしまう。
浮気を疑ったりして不安になるなんてこともないです。
この私の様子を見て「惚れてるんやな」と言う人もいましたが、そうなのかしら?
もちろん惚れてはいますけど、自分に変な自信があって脳天気なんでしょうね、私。
[PR]

by Senhorita | 2006-03-04 15:24 | お酒のはなし | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

<< 偶然にも3月4日 観ていただけなのに >>