One of ちょいワルオヤジ

全くなんて都合の良い言葉を作っちゃったんでしょうねぇ。
今世の中には自称”ちょいワルオヤジ”が一体どれくらいいるんでしょう?
そんなオヤジの1人と恵比寿に飲みに行きました。

e0050554_18104759.jpg
四旬季というお店に入ると良い感じのお通しが出てきたので思わず撮っちゃいました。
ここは一升瓶が壁一面の作り付けの棚だけではなくて、そこらじゅうにディスプレイしてあってそれを見ているだけで楽しくなってくるところです。

さて、ちょいワルオヤジは会うと必ず私の恋愛に何かヒトコト言ってきます。
その昔は「あ~そりゃ結婚には至らないパターンだな」と、私がフツーの女のコだったらその場で泣き出しそうな程イジワルなことを言ったりしていました。
その後、私と同じ"パターン"だと思っていた女性が長く付き合っていた方と結婚したのを知って、一転「きっと結婚するよ」という見方に変わられ、私にも「信じる者は救われる」とか言い始めたというテキトーな感じです。
昨日は最新情報を提供すると「そりゃぁそういうことだろう」と結婚具体化説にうなづいてはいましたが、相変わらずよくわからないという風でもありました。
よく分からないからここは1つシンプルに"できちゃった結婚"がいーんじゃない?なんて言い出しましたが、それってやっぱり単なる一般論なんですよね~
せっかくなもら~どがここまで何とか自分の納得のいく形を目指して環境を整えてきたところに、"できちゃった"はよろしくないと私には分かります。
なもら~どは変人の域に達する程の完璧主義者で、結婚に関しても"二人の問題"と考える恋愛至上主義的傾向が極めて強いと私は分析(?)しています。
結婚しても他で自由に恋愛していらっしゃるちょいワルさん達は、自分だったら10年も付き合った相手とは結婚しないな~って皆さん口々におっしゃいます。
彼等はきっと私の相手であるなもら~どはどちらかといえば"ちょいワル系"だと思っているんじゃないかしらん。
そういうワルさに目くじら立てたり嫌悪感を示したりしない私だから、そういうのを経験して乗り越えてうまく操縦しているように思われてるのかもしれないけど、違うのよ、私のなもら~どはそういうワルじゃないの。
…て、そういう根拠レスな自信てちょいワルさん達の奥様に対する盲信と一緒かもね。

e0050554_18112180.jpg
ここのお料理、ちょっとステキ。
このワンタンの皮の包み揚げも良い感じだったんで撮ってみました。
結婚を真剣に目指している女子はちょいワルオヤジに応戦しつつ、美味しいお酒を飲んだりせぬままに目標にのみ向かって突っ走るのかしらね…
もちろん結婚はしたいと思いますが、外的要因を一切排除してそこにたどり着くのがなもら~どにとっては完璧、完璧以外のものを彼が納得して受け入れられないのは私よーく知ってます。
[PR]

by Senhorita | 2006-03-25 18:11 | お出かけ♪ | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

<< 今日も負けかぁ 去年の桜 >>